空室改善

目的は「空室の改善」

よく「空室を改善するためにはリノベーションが必須」といわれますが、これはリノベーションによって利益が得られる側の企業が作り上げたイメージであり、正解ではありません。

リフォーム業者さんにとっての目的は【リノベーション】ですが、賃貸オーナーにとっての目的は【空室の改善】であり、リノベーションではありません。

すなわち、空室改善=リノベーションではなく、

リノベーション=空室改善のための一つの手段となります。

 

手段は多ければ多いほど選択肢が広がります。
賃料設定は適正か
管理、清掃状況は適切か
・仲介業者とコミュニケーションは適切か
・内装、設備はニーズに沿っているか
・継続所有か売却か

現在の募集状況を多角的に見て、今何をすべきかを判断し、アドバイスいたします。